スキーツアーに参加する時の服装について

スキーツアーに参加する時の服装は人によって多種多様です。ショートパンツやスカートで行きのバスに乗り込む姿も見られますが、基本的にとても寒い地に出向く訳ですから、少しでも肌の露出を少なくした方が温かいですし、風邪をひかずに済むでしょう。長距離の時間を移動することになり、脚がむくみます。それで、でできるだけタイトなズボンやジーンズではなく、少しでも緩いものをお勧めします。

ジーンズなどの材質は吸水性が良いので、できれば表面がポリエステル材質の方が水が浸みてきませんのでお勧めです。また一枚でも多めに服を着ていくならバスの中での温度調整がしやすいと思います。脱いだ服は枕代わりにもすることができますので、長時間のバスの中での首が痛くなるのを防いでもくれます。さらにスキーツアーに参加する時の履く靴についてですが、パンプスやサンダルなどの滑りやすい材質は避けるようにしましょう。

滑って骨折されたケースもあります。さらにできるだけ防水機能を持った靴を履くと良いですが、もし防水でなければ市販の防水スプレーをかけておきましょう。さらに防水スプレーはスキーウェアにもかけておくなら、濡れずに済み、快適に楽しむことができるでしょう。取り分け靴下は服の中でも一番濡れやすいので、余分に持って行きましょう。

厚着をし過ぎても滑りだすと暑くなり汗をかいて風邪をひく可能性があるありますので、少し寒いかなと感じるくらいの服装の方が汗をかかずに済み快適に楽しむことができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です